車を届けるボランティアブログ

http://car.tank.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

94号・95号を届けてきました

寒い日が続き、寒さにも慣れて来ましたね。
巷ではインフルエンザが流行っているそうで、皆さん気をつけてください。

私はというと、インフルエンザどころか風邪も相手にしている暇がございません!
自分の免疫力に感謝です。

2月10日
岩手県山田町と岩手県宮古市の方にお車を届けて来ました。

今回は、【提供車両?】の提供者さまが旅行がてら東京から直接、山田まで届けてくださる事になり
【提供車両?】はあらかじめ盛岡で受け取り、私が運転して持っていくことに。
帰りの足として、更に1台盛岡から伴走。
という感じで段取りを組んでおりました。

それが、前日になり伴走予定のスタッフがインフルエンザに!!!
日程が平日だったため、他に伴走者が見つからず・・・・

ま、バスで帰ってくればいいだけですが。

当日は天気にも恵まれ路面も融雪剤のお陰で積雪はありませんでした。
mini_120210_1011.jpg
この画像は、我が家を出てすぐの田舎道。

mini_120210_1150.jpg
こちらが宮古に入ってからの田舎道。

沿岸は内陸と比べて雪が少ないんですね。

【提供車両?】の提供者さまと受け取られる方の職場で待ち合わせをし、
とってもわかりやすいところにあるにも関わらず迷子に・・・
不覚にも10分遅刻で到着・・・(反省

受け取られた方が話してくれた、震災時の非難時の様子、避難生活での苦労、現在の苦境など
何度聞いても、11ヶ月経ってから聞いても胸を痛めるお話の数々。

その中には、海の前にある職場(ガソリンスタンド)が地盤沈下しているため
満潮時には側溝に魚が上がり、秋には鯵の群れが来てた。
など、楽しい話も聞く事ができました。

笑っていないとどんどん暗いほうへ引き込まれる。
とにかく笑うようにしています。
と語ってくれた笑顔は、やはり悲しげでした。

貴重なお話を聞いた後、提供者さまと受け取られた方皆さんで記念写真を撮りました。
右から
提供者さま。提供者のお父様。提供者のお母様。受け取られた方。
mini_120210_1240.jpg
雪は無くても浜風は寒かった〜!

ここで、提供したお車と受け取られた方と別れ
提供者さまご家族と一緒に、山田のかき小屋へ(笑
私もちゃっかり観光させてもらってます♪

mini_120210_1340.jpg

前回は11月21日に体験して軽く20個以上食べれたんですが
今回はカキが成長していて、一粒ずつが大きい!
20個の目標がたったの14個でギブアップでした〜(汗
でも、皆さんとご一緒できてとっても楽しかったです。
ありがとうございました。

その後、宮古に一泊されるという提供者さまご家族を宿泊先へ送り
私は【提供車両?】を届けるため受け取られる方のご自宅まで行きました。
雪は無いとは言え、日陰には分厚い氷が!
事故ら無いよう慎重に走り、無事にお届け。
かと思いきや、山本の十八番である迷子に(笑
受け取られる方に電話で助けを求め無事にお届け♪

お子さんが3人いて避難生活中は家が無事だったため避難所で物資の受け取りにも入れてもらえずに辛かった。
今思い出しても泣けてきます。
車が無くて苦労していたけど、こうして提供してもらえて信じられない気持ちで本当に嬉しい。
と、潤みながら私を宮古駅まで送ってくださいました。
氷の道を潤んだ目で・・・流石地元の方は違いますね。
私も色々な気持ちで潤んでしまいました。

今回は2台とも名義変更をしていない状態でのお届けだったので
書類とナンバープレートをお預かりし、盛岡で名義変更後に新たな書類とナンバープレートを郵送します。
そのため、帰りのかばんはこんな感じになります。
mini_120210_1644.jpg

私にとっては見慣れた状態ですが
犯罪とも間違われかねない状態ですね。

ともあれ、今回も無事に2台お届けでき、サポートしてくださった皆さんに感謝感謝。
これまで活動を続ける事が出来るのも皆さんのお陰です。
ありがとうございます。

車を届けるボランティアでは引き続きお車の提供を募集しています。
ホームページから申し込みできます。

大雪です

年が明けて早くも1ヶ月過ぎようとしています。
早い。早すぎる。

年明け早々の1月2日

現在、大雪で大混乱の青森市へ車を引き取りに行ってきました。

提供者様は、貴重な正月休み中に対応してくださり本当に感謝です。

私は、家族を巻き込んで
毎年正月に家族旅行に行くのですが
行き先や宿を決めるのは私の担当です。

今年は、この機会に青森へ行き、家族旅行のついでに行く事で回送費を浮かせようと計画。

日程も決まり、宿も決まり、家族から「何で青森?」と聞かれても
「きっと楽しいよ!」とだけ言い張り迎えた前日。

実は、車を1台引き取って来る事を伝えると
予想していたブーイングは無く、みんなが冷静に段取りの相談。

年明け前から青森市は大雪によって交通マヒしているとのことで
無事に向かい、無事に帰ってくることを最優先にすることで満場一致。

年に一度、毎年楽しみにしている家族旅行を私の活動の都合に使わせてもらい
受け取った車を回送するために協力してくれた家族に感謝です。

受け取った車は、気仙沼の方にお渡しするのですが
仙台で待ち合わせ、受け取る方と一緒に名義変更します。

それが1月10日と決まったのですが

家族旅行からの帰り道
母が、今回の家族旅行は旅行半分、任務半分だったから
近いうち、日帰りでいいから仙台のアウトレットに行きたい。

なんて、言うもんだから10日の名義変更とお引渡しの日に伴走もお願いしちゃいました(笑
お陰さまで、名義変更とお引渡しも無事に済み
母の念願も叶えることができました(笑

この車両に関して、思いっきり家族を振り回しましたが
私は、とっても楽しく経費削減で任務完了できました♪


車を届けるボランティアでは引き続きお車の提供を募集しています。

今回はハイウェイサービスキャンペーンを利用して黒石観光してきました♪

画像は、青森に向かう途中、黒石市に寄って見つけた津軽塗りの様なケーキ
とっても美味しかったです。
mini_120102_1219.jpg

黒石のつゆ焼きそばも美味しかったです。

被災地支援のついでに寄ってみてはいかがでしょう♪

90台目

今年も残すところ3日となりました。
皆さんもさぞかしお忙しい年末を過ごされていることと思います。

私も、毎年作っている御節を今年は作りません宣言をしてしまいました(笑


私の母校である「岩手県立盛岡工業高等学校」が発行している「同窓会会報」に活動を取り上げていただきました。

ホームページはこちら「岩手県立盛岡工業高等学校同窓会」
記事が掲載されたのははこちら
「同窓会会報」(4ページ目)

この記事を読むのは私の先輩後輩に限られる訳ですが
なんと、同窓会会報を読んだと言う方から提供のお問い合わせを頂きました。
母校の先輩から提供のお申し込みです。

勝手に親近感を湧かせ、母校の素晴らしさを再認識しました。

昨日の12月27日、先輩が提供してくださったお車を釜石の方に引き渡すことが出来たのですが
今回で、「車を届けるボランティア」が仲介したお車が90台となりました。
年内最後のお引渡しとなりましたが、来年も年明け早々にお引渡しの予定が入っております。
これも、提供してくださる方がいらっしゃるから。
手伝ってくださるスタッフがいるから。
応援してくださる皆さんがいるから。

素晴らしい出会いに感謝しきりの1年でした。

冬が来る前に終了しようと思っていましたが、頑張って続けて良かったです。


来年もこれまで同様スタッフ一同頑張ります!
皆様、良いお年を♪

車を届けるボランティア」では引き続きお車の提供をお待ちしております。
ご提供はこちらから「申し込みフォーム

初登場!

みなさま、初めまして。

車を届けるボランティア 事務局長の大西尚樹です。
山本代表ブログに進出です!

今(2011年12月5日、14時半)、名古屋から仙台に向かうフェリーに乗っています。
車を届けるボランティア初のフェリーによる車の輸送です。

昨日は神戸でお車を1台受け取り、名古屋港まで私が運転し、さらに名古屋市内の方から名古屋港で1台ご提供いただいて、2台を一緒に運んでいます。

88号と89号になるお車です。

運んでいる、と言っても、運んで下さっているのは太平洋フェリーさんで、私はのんびり、、、できずに、PCを開いて仕事をしています(涙)

私は2年前まで関西に住んでいたのですが、岩手に引っ越すときもこのフェリーを使いました。
今回の船は半年前に就航したものらしく、とてもきれいで、また天気もよく海も穏やかなため、快適な船の時間を過ごしています。

私たちの活動では基本的にご提供していただく方に盛岡もしくは仙台まで自走してきていただいておりますが、事情により自走いただけない場合もあります。
そういった場合は、スタッフが代走させていただくのですが、私は月に1回のペースで代走しています。

思い出深い(?)のは最初の2台です。


1台目はとにかく、遠かった!

滋賀県からのお車だったのですが、あまりの長距離ということで、ご提供者の方と2人で運転してきました。
夕方4時頃に米原を出て、盛岡到着は夜中、というか朝方の4時頃で、私の家に到着して、そのまま2人で10時頃まで寝てました。


2台目は怖かった!

蒲田の方からご提供いただいた10人乗りのバンでした。
普段、1200ccのコンパクトカーに乗っている私には乗り慣れない大きさということに加え、人生初の首都高です。
北海道出身で、免許取得後10年は前にも後ろにも全然車がいない直線をのんびり走っていた私にとって、首都高なんて全く未知の世界でした。
とにかく車が多くて、縁日のスーパーボールすくいでグルグル廻っているスーパーボールの気持ちです。
しかし、スマートフォンのカーナビは、次から次への指示を出してきます。
「次の分岐を右」と言われても、車が多くて車線変更できません!
「○○道に入れ」と言われても、○○道がわかりません!
そもそも、車間距離も短い上に車の流れも早いので、カーナビの画面をチラ見する余裕すらなくて、まさに泣きそうな首都高初体験でした。

今となっては、この活動のおかげで(?)とりあえず首都高の運転にもだいぶ慣れました。
といっても、東北道以外への道路に入るのは、かなり厳しいですが。。。

今回の神戸からのご提供は、車を届けるボランティアの中でももっとも遠い地域からのご提供になりました。
関東からのご提供が多いですが、長野や富山の方からもご提供いただいております。
お車のご提供のみならず、お時間と帰りの交通費をかけて東北までお越しいただくことに、本当に頭の下がる思いです。

ご提供者の方、受け取られる方、スタッフ、すべての関係者が今まで無事故で活
動して来れましたが、これからも無事故無違反で進んでいきましょう!

(写真は朝7時ちょうど、九十九里浜沖にて)
20111205070117-611.jpg


車を届けるボランティアでは引き続きお車の提供を募集しています。
詳細はホームページから確認できます。

募金していただきました

このブログに2回目の登場のKCS紫波中央院。
前回の記事はこちら

前回の記事でも多額の募金をいたいたことを書かせていただきましたが。
今回は、私が通っている紫波中央院ではなく
花巻にある医院で募金を集めてくださいました。
mini_111205_1651.jpg
とっても嬉しいですね。
応援してるという言葉だけでも嬉しいのに
こうして形にしてくれるというのはこんなにも心強い!
KCSセンター花巻の患者の皆様!温かいご支援、本当にありがとうございます。

また、KCS紫波中央院の院長が今回も画像つきでブログにアップしてくれています。

院長のブログはこちら
募金の記事はこちら


活動をずっと見守ってくださっている院長。
活動を紹介してくれている記事を順番に見ていくと

あ~。痩せた。


あ~。やつれてる。。。



あれ~?太ってきた(汗



と言うのが見て取れます(笑

そして、私なんかよりよほど分かりやすく活動を紹介してくれています。
ホトホト見習いたいものです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。